2014年9月の世界遺産白神山地の画像ギャラリー。深緑も終盤を迎え10月からは紅葉の季節。

2014年9月の白神山地ギャラリー



9月の世界遺産白神山地 暗門の滝トレッキングその1

8月の豪雨で散策路が崩壊し、しばらく滝方面は通行止めだったがようやく復旧。しかし手すりが一部なくなっていたり、雨によるダメージはまだ残ったままだった。



9月の世界遺産白神山地 暗門の滝トレッキングその2

一番手前にある滝、第三の滝は落差が26メートル。小ぶりに感じられるがなかなかの水量と迫力をもっている。滝つぼにしばしば虹がかかる。



9月の世界遺産白神山地 暗門の滝トレッキングその3

第三の滝の上流にある第二の滝。37メートルとかなりの落差があり大迫力。滝つぼの水しぶきもかなり激しい。



9月の世界遺産白神山地 暗門の滝トレッキングその4

第二の滝から第一の滝へ向かう散策路は一部水没していた。雨で増水すればすぐに通れなくなりそうなくらいの場所だった。



9月の世界遺産白神山地 暗門の滝トレッキングその5

最奥部にある第一の滝。落差42メートルという、暗門の滝の中で最大の滝。水量が多い日には滝つぼの近くはものすごい風圧で体が飛ばされそうになる。



9月の世界遺産白神山地 暗門の滝トレッキングその6

いまのところ川沿いの平坦な道は増水の被害なく歩くことができる。この道と並行して、やや起伏のあるブナの森を通る道もある。


   


9月の世界遺産白神山地 白神の森遊山道トレッキングその1

白神の森遊山道(かつてのミニ白神)の空気はややひんやりしている。今年は秋の訪れが早まるのかもしれない。しかしブナの森はまだ濃い緑をしていた。



9月の世界遺産白神山地 白神の森遊山道トレッキングその2

内回りコースのブナの巨木にも熊の爪あとがある。この先が水源地で、行き止まりになっており折り返して帰ってくることとなる。



9月の世界遺産白神山地 白神の森遊山道トレッキングその3

いろいろな色をした草花の実があちらこちら足元を彩っていた。昼と夜の気温の差が大きいと色づきがより早くすすむ。


   


9月の世界遺産白神山地 二ツ森トレッキングその1

白神山地の中でも標高の高い部類に入る二ツ森を登る。標高1000メートルちょっとしかないが空気は冷たい。ブナ林はまだ緑だった。



9月の世界遺産白神山地 二ツ森トレッキングその2

しかし目の前に広がる世界遺産のブナの森は若干ながら黄葉が始まってきているようだ。薄い黄色がかってきていた。



9月の世界遺産白神山地 二ツ森トレッキングその3

二ツ森のなかのブナも何本かは黄色に変わってきていた。ブナの黄葉は、緑色の葉から黄色の葉へと変化していく。冷え込みが続けばその速度は増していく。



9月の世界遺産白神山地 二ツ森トレッキングその4

岩木山方面の森も薄っすらと色づきが進んでいるようだ。このモコモコとした世界遺産核心地域のブナの森が黄色に染まるのは例年10月の上旬から中旬にかけてだ。

Page Top

side menu

白神山地の人気宿↓

●白神観光の拠点となる格安ホテル

●白神山地のハイクラスホテル

●白神山地の超人気温泉宿

●十二湖に一番近い宿

●岳岱に一番近い宿

●二ツ森に一番近い宿

●ノスタルジックな秘湯

●隠れた名湯の宿

●人と自然に優しい宿


白神山地の関連書籍↓

ニッポンの世界自然遺産ガイド (エイムック 2252)