2014年8月の世界遺産白神山地の画像ギャラリー。夏の白神山地トレッキング!

2014年8月の白神山地ギャラリー



8月の世界遺産白神山地 白神の森遊山道トレッキングその1

緑もどんどん深まってきたミニ白神の森でのトレッキング。聴診器ボックスや熊の爪あとアナウンス板などがトレッキングコース内にある。



8月の世界遺産白神山地 白神の森遊山道トレッキングその2

雨水を枝葉で上手に集めて、幹を伝わせて根まで運ぶブナの特性。そのブナの中の水音を聴く。ブナの幹に聴診器をあてて耳を澄まし、心を空にするという行為にこそ意味がある。



8月の世界遺産白神山地 白神の森遊山道トレッキングその3

ブナの森のグリーンシャワーが降り注ぐ。地表はブナの葉が作り出す影絵で埋め尽くされている。光と影のコントラストが楽しめる。



8月の世界遺産白神山地 白神の森遊山道トレッキングその4

花の季節も終わり、これから森は秋への準備期間へと入る。子孫を残すため実をつけ、それを森がまた育む。ユキザサの実も秋に向けて赤く色づき始めていた。



8月の世界遺産白神山地 白神の森遊山道トレッキングその5

昨年はブナの実はまあまあ豊作だったらしい。となるとあと数年は凶作つづきとなる。ツキノワグマなど森の動物たちもエサに困ることとなる。


   


8月の世界遺産白神山地 十二湖トレッキングその1

深緑の十二湖でトレッキング。真夏の青池はとにかく青い。日が高くなる昼前後は透明感がすごい。水深9メートルある池の底まで見えてします。



8月の世界遺産白神山地 十二湖トレッキングその2

この時期、十二湖も草花はもう少なくなっている。水辺にはまだそれなりに草花を見ることができる。十二湖も見えないところで秋への準備が着々と進んでいるようだ。



8月の世界遺産白神山地 十二湖トレッキングその3

沸壺の池の木々も緑が濃くなり、池の色がいっそう美しくなってきている。沸壺の池を下っていったところにある茶屋では、湧き水で淹れた抹茶を飲むことができる。


   


8月の世界遺産白神山地 二ツ森登山その1

深緑の二ツ森を登山。八峰町から入山し、青森と秋田の県境を通り、藤里町へ入っていく世界遺産地域ルートの二ツ森。



8月の世界遺産白神山地 二ツ森登山その2

二ツ森の見どころのひとつであるこのブナ林。この景色を素晴らしいブナ林と表現する人もいれば、ただの木々としか目に映らない人もいる。



8月の世界遺産白神山地 二ツ森登山その3

二ツ森のブナは決して巨木ではない。急斜面にはえているため細いブナが多い。それでも太陽光を求めて垂直に空へと伸びていく。



8月の世界遺産白神山地 二ツ森登山その4

登りも終盤となるとやがて眼下に広大なブナの森が果てしなく続く。白神山地が世界自然遺産に登録された由縁がここにある。



8月の世界遺産白神山地 二ツ森登山その5

世界遺産地域のブナの森。深緑を楽しめるのもあとひと月ほど。10月に入ると色づき始め、11月に入るころには落葉してしまう。

Page Top

side menu

白神山地の人気宿↓

●白神観光の拠点となる格安ホテル

●白神山地のハイクラスホテル

●白神山地の超人気温泉宿

●十二湖に一番近い宿

●岳岱に一番近い宿

●二ツ森に一番近い宿

●ノスタルジックな秘湯

●隠れた名湯の宿

●人と自然に優しい宿


白神山地の関連書籍↓

ニッポンの世界自然遺産ガイド (エイムック 2252)