2014年7月の世界遺産白神山地の画像ギャラリー。夏の白神山地トレッキング!

2014年7月の白神山地ギャラリー



7月の世界遺産白神山地 暗門の滝トレッキングその1

川沿いの遊歩道も開通して、第3の滝、第2の滝、第1の滝という順番で滝を目指す。7月ともなればさすがに白神山地も夏の様相。気温は30度近い。



7月の世界遺産白神山地 暗門の滝トレッキングその2

まずは第3の滝を通過。その先にある第2の滝、第1の滝へ進む。それなりに急な段差をあがっていくことになる。



7月の世界遺産白神山地 暗門の滝トレッキングその3

段差をのぼり、水辺を通っていくと第2の滝。けっこうな落差がある。最後の滝を目指し、さらにきつい階段をのぼっていく。



7月の世界遺産白神山地 暗門の滝トレッキングその4

第1の滝までやってきた。木々に隠れてしまってはいるが暗門で最大の滝。かなり水量のある瀑布で、肌寒いほど風圧も強烈。



7月の世界遺産白神山地 暗門の滝トレッキングその5

暗門の滝は来た道を引き返す往復コース。川沿いの道だけで往復するなら平坦だが、ちょっとした起伏のあるブナの森も含めると3〜4時間の行程となる。


   


7月の世界遺産白神山地 白神の森遊山道トレッキングその1

ミニ白神から名称が変わったがトレッキングコースに変わりはない。ホオノキ、トチノキ、ミズナラ、イタヤカエデ、ブナなどさまざまな木々が茂る。



7月の世界遺産白神山地 白神の森遊山道トレッキングその2

すでに深緑を迎えている白神の森遊山道。緑の光が降り注ぐ。足元はややぬかるんでいたが森の柔らかさを踏みしめて歩く。



7月の世界遺産白神山地 白神の森遊山道トレッキングその3

聴診器ボックスが緑に塗られ様変わりしていた。ただ、ボックスに心ない落書きがあるのが残念だ。何をしに白神の森へ来ているのだろう。



7月の世界遺産白神山地 白神の森遊山道トレッキングその4

何にも気を払わずにすたすた歩いてしまえば1時間もかからずに終わってしまう道も、のんびり周囲を見回しながら歩けば倍はかかる。白神の森はよそ見をするための場所だ。


   


7月の世界遺産白神山地 二ツ森トレッキングその1

世界遺産地域を歩ける二ツ森コース。細いけれど無数に並び立つブナ林が壮観。白神山地のブナを体感できる。



7月の世界遺産白神山地 二ツ森トレッキングその2

ブナの足元を覆うチシマザサ。ブナの実が落ちてもチシマザサによって日光をさえぎられ育たない。いずれはこのブナ林も消え失せてしまうのかもしれない。



7月の世界遺産白神山地 二ツ森トレッキングその3

山頂付近からの眺め。森林限界を過ぎ、木々はほとんどない。ナナカマドなどの低木が少しあるだけ。白神の森を眺めおろす。



7月の世界遺産白神山地 二ツ森トレッキングその4

白神山地のブナの森がどこまでも広がる。森全体の面積は13万ヘクタール。沖縄本島がすっぽり入ってしまう大きさの森だ。

Page Top

side menu

白神山地の人気宿↓

●白神観光の拠点となる格安ホテル

●白神山地のハイクラスホテル

●白神山地の超人気温泉宿

●十二湖に一番近い宿

●岳岱に一番近い宿

●二ツ森に一番近い宿

●ノスタルジックな秘湯

●隠れた名湯の宿

●人と自然に優しい宿


白神山地の関連書籍↓

ニッポンの世界自然遺産ガイド (エイムック 2252)