2013年7月の世界遺産白神山地の画像ギャラリー。深緑の白神山地がはじまる。

2013年7月の白神山地ギャラリー



7月中旬の白神山地 二ツ森から眺める世界遺産核心地域

二ツ森の登山道から見える世界遺産核心地域のブナの森。人の手がほとんど入っていない、世界遺産の森が真下に広がっている。



7月中旬の白神山地 二ツ森のブナ林

チシマザサの斜面に居並ぶブナたち。400メートルから800メートルがブナの生きられる範囲。ここは標高1000メートル近いのにそれでも必死に立っている。



7月中旬の白神山地 二ツ森山頂からの眺望

周囲に障害物はない。360度のパノラマ。ササがやや邪魔だが、日本海方面、内陸方面とも見渡せる。森の色がどんどん深くなってきている。豪雨と猛暑がどんな影響を及ぼすことやら。


   


7月下旬の白神山地 岳岱の風景

岳岱(だけだい)の森も深緑をむかえて、雰囲気がさらに良くなってきた。苔むした岩やブナの巨木、降り注ぐグリーンシャワー。岳岱トレッキングにはもってこい。



7月下旬の白神山地 岳岱の二次林コース

たくさんのブナが並び立つ二次林。ブナの曲がり具合や、空洞、樹幹流の痕跡など、変わるものと変わらぬものを探して歩く。



7月下旬の白神山地 岳岱の奥

夏でも冷たい湧き水を飲み、ブナの巨木に触れ、足元の小さな命に注意しながら、白神山地のブナの森を楽しむ。これから緑がますます濃くなっていく。


   

Page Top

side menu

白神山地の人気宿↓

●白神観光の拠点となる格安ホテル

●白神山地のハイクラスホテル

●白神山地の超人気温泉宿

●十二湖に一番近い宿

●岳岱に一番近い宿

●二ツ森に一番近い宿

●ノスタルジックな秘湯

●隠れた名湯の宿

●人と自然に優しい宿


白神山地の関連書籍↓