2013年6月の世界遺産白神山地の画像ギャラリー。いよいよ山開き。

2013年6月の白神山地ギャラリー



6月上旬の白神山地 二ツ森の雪渓

ついに二ツ森も山開き。雪解けが遅れている影響で、ところどころ厚い雪渓があり、その上を登山する。新緑のブナの黄緑と残雪の白が、白神山地の登山シーズンの幕開けを告げている。



6月上旬の白神山地 二ツ森のブナ林

残雪が多いとはいえ、ブナ林の中では美しい新緑のシャワーを浴びることができる。しかし顔にまとわりつく虫の多さには辟易する。



6月上旬の白神山地 二ツ森からの眺望

二ツ森の山頂が近付くと次第に視界が開けてくる。辺り一面が世界遺産のブナの森だ。冬の長い間、雪に押しつぶされていたブナの木が一帯を支配し、いずれ残雪は消えゆく。攻守交代。


   


6月中旬の白神山地 十二湖の青池

青池はすっかり緑に囲まれて、揺るぎのない青さをたたえている。前に倒木のため閉鎖されていた、ブナ林と青池を結ぶ階段が開通しており、青池からブナ林へ行きやすくなった。



6月中旬の白神山地 十二湖のブナ林

ブナ林もしっかりと葉がそろい、うっそうと茂る雰囲気を醸し出していた。このあとは新緑から深緑へと移り変わっていく。今年は雪解けが遅かったが、異常な早さで暑さが追いかけてきている。


   


6月下旬の白神山地 岳岱の二次林コース

遅まきながら白神山地の岳岱の森もようやく山開きを迎えた。新緑を通り過ぎてしまったが、ブナの森のトレッキングを楽しむのにうってつけのスポットだ。



6月下旬の白神山地 岳岱のブナの実

岳岱のあちらこちらにブナの実が落ちていた。空っぽのものもあれば、中身が入っているものも。今年こそは何年かぶりにブナの豊作になってほしい。



6月下旬の白神山地 岳岱のトレッキングコース

ほとんど平坦な散策路を歩くコースだが、ときどき岩場があったり軽い傾斜があったりする。ブナの傘の下、気持ちの良い白神山地トレッキングだった。

Page Top

side menu

<

白神山地の人気宿↓

●白神観光の拠点となる格安ホテル

●白神山地のハイクラスホテル

●白神山地の超人気温泉宿

●十二湖に一番近い宿

●岳岱に一番近い宿

●二ツ森に一番近い宿

●ノスタルジックな秘湯

●隠れた名湯の宿

●人と自然に優しい宿


白神山地の関連書籍↓

ニッポンの世界自然遺産ガイド (エイムック 2252)