2012年9月の世界遺産白神山地の画像ギャラリー。ブナの森の緑も終盤戦に突入。秋への準備を見つけながらトレッキング。

2012年9月の白神山地ギャラリー



9月下旬の白神山地 岳岱の森

秋の紅葉まではまだ時間がかかりそう。つまり、うっそうとした白神の森を依然として楽しめる。ブナやホオノキやトチノキなどから降りて来る緑のシャワーを浴びてトレッキング。



9月下旬の白神山地 岳岱のジュウモンジソウ

岳岱の森の奥へ入って行くと、この時期に楽しめる白い花、ジュウモンジソウがたくさん咲いていた。まだまだ緑は多いけれど、確実に秋に近付いている証拠だ。森は秋への準備段階に入っている。



9月下旬の白神山地 岳岱の庭園

岳岱特有の苔むした岩とブナの木による競演。いまはまだ緑のカーテンが引かれているが、10月の下旬になればブナが紅葉し、一面が黄色のカーテンで包まれ、それは思わず息を飲む光景だ。


   


9月下旬の白神山地 ミニ白神の歩道

ミニ白神も依然として緑を楽しめる。夏に比べ、いくぶん涼しくはなっているが、気温はそれなりに高い。しかし草木は秋に向けて実を色づかせている。10月下旬には赤や黄色の紅葉が見られるはず。



9月下旬の白神山地 ミニ白神のトチノキの実

ミニ白神のトレッキングコース上にトチノキの実がたくさん落ちていた。ミニ白神に限らず、白神山地の森ではこの時期よく見られる。外皮をはぐと栗のようなつややかな実が現れる。



9月下旬の白神山地 ミニ白神の蟻の巣

木の根元に蟻の巣がある。そして木肌に砂のトンネルを造って通り道にしている。樹幹流の水分のあとに砂をつけて造ったのだろうか。そのアイデアと建設技術に脱帽するよりない。


   


9月下旬の白神山地 暗門の滝の第一の滝

暗門の滝トレッキングコースの最奥部にある、暗門の滝の中でも最大の滝。この日は水量が多かったため飛沫が大きく、落水による風圧でよろめくほどだった。



9月下旬の白神山地 暗門の滝のトレッキングコース

これは第一の滝付近。パイプで組んだ細い通り道を慎重に歩く。水辺なので滑りやすく、油断していると転んでしまう。夏は涼やかだが、この時期は少し肌寒さを感じることもある。



9月下旬の白神山地 暗門の滝の第二の滝

第一の滝から降りて来ると、この滝を眺め下ろせる。周囲には秋の草花や実を愛でることができる。また、この付近は10月中旬になると紅葉し、滝との美しい競演が見られる。



9月下旬の白神山地 暗門の滝の歩道

安全性の問題から滅多に開通しない歩道が通れるようになっていた。この平坦な歩道を通ることでだいぶ楽になる。起伏がなくて物足りないという人は、この歩道ではなくブナの森を通って滝まで行くべし。

Page Top

side menu

白神山地の人気宿↓

●白神観光の拠点となる格安ホテル

●白神山地のハイクラスホテル

●白神山地の超人気温泉宿

●十二湖に一番近い宿

●岳岱に一番近い宿

●二ツ森に一番近い宿

●ノスタルジックな秘湯

●隠れた名湯の宿

●人と自然に優しい宿


白神山地の関連書籍↓

ニッポンの世界自然遺産ガイド (エイムック 2252)
みんなで見守る世界遺産 白神山地
ことりっぷ弘前 津軽・白神山地 (ことりっぷ国内版)
白神山地の入山規制を考える
世界遺産 白神山地―自然体験・観察・観光ガイド